スタッフブログ

せっかくなので芸術鑑賞

2019.05.24

先日、国立西洋美術館でル・コルビュジエ展に行ってきました。
行こうと思いつつもなかなか行けずに期間ギリギリでようやくの上京です。

どちらかというと画家としての時代を主として展開していく内容ですが、『人間に自由と幸福を与えるのは芸術であり、建築こそもっとも高貴な芸術である』というのが彼の信念とのことで、計算された物体(静物)の構成や配置を描くことで建築や都市をもイメージさせる作品が多く展示されていました。
美術も建築も同じ芸術。コルビュジエは一日のうち午前中は絵画に、午後は建築にそれぞれ時間を費やしたそうで、美術に対する造詣は建築になくてはならないものと実感いたしました。

コルビュジエの功績を彼が手掛けたこの美術館で見れるというぜいたくな時間でした。この機会に『近代建築の五原則』から出直すか…

営業部 菅原

核となる”19世紀ホール”

核となる”19世紀ホール”

 

ガルシュの住宅模型

ガルシュの住宅模型

 

イムーブル・ヴィラ模型

イムーブル・ヴィラ模型