スタッフブログ

サスティナブルな車

2022.01.09
47万5千キロ走っている愛車ランドクルーザー101
新車登録から20年。運転席シートベルトがそろそろ切れそう・肘があたる所コンソールボックス蓋も亀裂が入りボロボロ・外装もあちこち傷。ボンネット塗装もクリア塗装が無くなったみたいで反射の景色がなんだかぼやけている。
ラジエター交換・ダイナモはリビルト部品を交換・運転席助手席後部座席などなどいろんなパーツを交換。前後のデフもオーバーホール済み・46万キロでクラッチディスクもギアが全く入らなくなったので交換してみました。「今度こそ車検が通らない」と、従妹の整備工場社長に言われています(部品の供給がそろそろ無くなるんでしょうか?)
昨年の11月加速が悪く、従妹の整備工場へ(ターボのタービンが全然回っていない)
約1か月かかりまして昨年末にターボ交換からやっと帰ってきました愛車ランドクルーザー101。インテークマニホールドも割れて交換・ガスケットがなかなか入荷しなくて日数がかかってしまったようで、日野自動車からトラック部品で対応との荒業にて修理完了との報告。
中古のタービン
次に買う車は何にするか?我が家では4人家族で4台我車がある。(娘たちも立派な社会人)家族で遊び道具を満載にして旅行に行くことなんて今後もないと思う。愛犬エルと嫁の人間二人と犬の一匹が移動できれば次の車は十分なんです。
地球環境も社会情勢も益々変化している昨今。旧車であるがゆえに税金も増えて維持管理も困難になってきました。しかし、ランドクルーザー101愛情もたっぷりあるのでまだまだ持続可能な自家用車として乗り続けたいと思います。
お客様にご提案できる住宅も高耐久の持続可能なモノをご提案していきます(是非、お問合せください)
営業部
石川